研究発表会

日本音楽知覚認知学会2022年度秋季研究発表会
共催:日本音響学会音楽音響研究会2022年10月研究会(オータムセミナー)

日本音楽知覚認知学会2022年度秋季研究発表会は、日本音響学会音楽音響研究会2022年10月研究会(オータムセミナー)との共催で、下記の通り開催いたします。口頭発表とポスター発表を企画しておりますので、下記の募集要項を十分にご確認の上、お申し込みください。皆様ふるってご発表いただきたくご案内申し上げます。

*新型コロナウイルス感染症の流行状況および会場大学の方針により、全面的にオンラインで実施する可能性がありますので予めご承知おきください。

開催概要

  • 発表形式について(必ずご確認ください)
    今回の研究発表会は、口頭発表・ポスター発表ともに、発表者は現地で発表していただきます。発表者以外の方も、口頭発表はZoomによるオンライン配信により(画面を共有)、ポスター発表はポスター特設サイトを構築することにより、遠隔から学会に参加することができます(ただし、ポスター発表に関しては現地の発表者と口頭によるインタラクティブなやりとりはできません)。
     
  • 日時:2022年10月8日(土)および9日(日)
     
  • 場所
    現地会場:日本大学芸術学部(江古田キャンパス)
    〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
    交通アクセス:https://www.art.nihon-u.ac.jp/access/
     
  • 世話役:三戸 勇気 先生(日本大学芸術学部)
     
  • 参加費:無料
     
  • 開催形態:現地発表およびオンライン配信
    口頭発表とポスター発表ともに、発表者は現地にて発表していただきます。
    発表者以外の方は、オンラインで参加していただくこともできます。

    • 口頭発表では、Zoomで発表者の画面を共有し、オンライン配信いたします。発表後の質疑応答の時間では、オンライン参加者は、原則Zoomのチャット機能を通じてコメントが可能です。
    • ポスター発表では、オンライン参加者は現地の参加者と口頭でのインタラクティブな質疑応答はできません。代わりに、ポスター発表専用サイトにおいて、発表に対して質問やコメントを投稿することができます。
       

    ※ ただし、感染症流行の状況によっては、オンラインのみで実施する可能性があります。
     

  • 論文集代

    ・一般:3,000円
    ・学生(博士後期課程も含む):1,500円
    ・音楽音響研究会定期購読者:無料

    ※ 参加費・発表費は無料ですが、音楽音響研究会定期購読者以外の発表者は、予稿集1冊を購入していただきます。
    ※ 現地参加者には紙冊子で論文集をお渡しします。オンライン参加者の場合は、当日はパスワード付きのPDFファイルを配布し、論文集冊子を後日郵送いたします。
     

  • 懇親会:未定
     

講演募集案内

発表を希望する方は、下記に示す期間中に発表をお申し込みください。その後、資料集の原稿を提出していただくことにより、発表申込が完了となります。

  • 講演申込期間:2022年7月15日(金)~2022年8月12日(金) 8月5日(金)延長いたしました
     
  • 資料集の原稿提出締切:2022年9月9日(金)
     
  • 申込方法:申込期間内に以下のフォームからお申し込みください。
    申し込みフォームURL: https://ws.formzu.net/fgen/S147074098/

    発表抄録集の原稿提出URL: https://ws.formzu.net/fgen/S826766839/

    提出後、翌日までに自動返信メールが届かない場合には、kenkyu_tantou@jsmpc.org (担当:池上真平) までお問い合わせ下さい。
     

  • 発表種別
    発表者は、日本大学現地で対面発表していただきます。
    いずれも、未発表・未公刊の内容の発表を原則とします。既存のデータ等を発表する場合には、資料集原稿および発表内で既発表との違いを明らかにしてください。

    • 口頭発表(一般):質疑応答を含めて一人30分を予定しています。資料集原稿4~6ページ。
    • 口頭発表(ショートプレゼンテーション):新しい試みやまだ十分ではないが一部でも有効な成果が得られている研究内容について発表していただきます。質疑応答を含めて15分を予定しています。資料集原稿2~6ページ。
    • ポスター発表:2時間程度のセッション中、ポスターを掲示し、発表者とフロアの間で双方向でのやりとりが可能な形で実施します。資料集原稿2~6ページ。ポスターセッションの前に、1分程度で発表内容を説明していただきます。
       

    ※ プログラム編成の関係で、主催者から発表種別の変更をお願いする可能性があります。
     

  • 資料集原稿(A4 2〜6ページ)の作成
    下記のページから予稿集用の原稿テンプレートを入手することができます。可能な限りテンプレートに類似する形でご作成ください。従来の音楽音響研究会資料の書式をお持ちの方は、その書式をご利用いただいても構いません。

    論文集原稿テンプレート(共催用): http://jsmpc.org/meetings/jsmpc_ma_joint_meeting/

     

  • 発表賞について
    日本音楽知覚認知学会の研究発表会では、口頭発表に対し研究選奨を、ポスター発表に対しポスター選奨を授与しています。授与にあたっては下記の基準が適用されます。 第一(筆頭)発表者が授与の対象となりますのでご注意ください。

    • 研究選奨:研究発表会で口頭発表を行った日本音楽知覚認知学会会員で、35歳以下でかつ過去に本選奨を受けたことがない者。
    • ポスター選奨:研究発表会でポスター発表を行った日本音楽知覚認知学会会員。年齢や過去の受賞歴は問わない。
       

    音楽音響研究会では、学生、若手の研究者の育成のために、優秀な講演者に対して、音楽音響研究会奨励賞として表彰を行います。

    • 評価項目
      審査にあたっては、発表のインパクト、クオリティ、プレゼンテーションと総合評価により評価し、若干名を表彰する予定ですので、奮って応募下さい。
    • 審査の対象となる者
      講演者(筆頭著者に限る)の年齢が、2022年4月2日時点で28歳以下でかつ、発表までに日本音響学会会員(正会員・学生会員)になっていること。
      また、共著者の中に音楽音響研究会定期購読者が含まれていること。(現在定期購読会員ではなくても、発表までに申し込んでいただければ結構です)

     

  • 著作権の取扱
    日本音楽知覚認知学会では、ご提出いただく論文の著作権は著者に帰属しますが、著作権の一部である「複製権、出版権、公衆送信権」の使用を、主催者(共催の場合は共催者)に許諾していただきます。予稿提出時に、著作権使用許諾をしていただきます。これに同意いただける方のみ、発表申込を受け付けますのでご注意ください。詳細につきましては、以下のURLをご覧ください。
    ・著作権に関する覚書:http://jsmpc.org/meetings/jsmpc_ma_joint_meeting/