学会誌

学会誌 「音楽知覚認知研究」 のご紹介

日本音楽知覚認知学会は、学会誌として学術研究雑誌「音楽知覚認知研究(Journal of Music Perception and Cognition)」を刊行する。「音楽知覚認知研究」には、論文、寄書、展望、解説等を掲載し、使用言語は日本語または英語とする。
学会誌の名称と内容(投稿規定より抜粋)

最新号
第24巻 第1号 2018年

【目次】
 巻頭言(編集委員長:西村明)    1
【資料論文】
 小椋佐奈衣,安達真由美
 幼児の基礎的な歌唱能力を測定するための尺度の信頼性と妥当性の検討:「ATBSS子ども用改訂版」を用いて    3
【研究室訪問インタビュー】
 安井希子研究室(松江工業高等専門学校情報工学科)
 (訪問者:西村明)   13
【研究室訪問記】
 Robert Zatorre laboratory(McGill University, Canada)
 (訪問者:森数馬)   17
【コラム】
 私の研究室
 荒生弘史   19
【海外報告】
 津崎実
 海外研究室滞在報告(ENS とUofM)   21
【書評】
 小堀聡
 『音楽療法はどれだけ有効か─科学的根拠を検証する─』)   25
 安田恭子
 『音楽で脳はここまで再生する─脳の可塑性と認知音楽療法─』   27
 【会告】   29
 日本音楽知覚認知学会会則   34
 日本音楽知覚認知学会賞規定   37
 日本音楽知覚認知学会投稿規定   40
 日本音楽知覚認知学会倫理規定   53
   

 

バックナンバー

学会誌バックナンバーのご購入については、学会事務局までお問い合わせください。
既刊各巻号の目次は下記のページから参照できます。

 

投稿規定

こちらから最新の投稿規定(PDFファイル)がダウンロードできます
▼ 日本音楽知覚認知学会投稿規定(PDFファイル)
▼ 日本音楽知覚認知学会投稿規定(PDFファイル)(英語版)

 

倫理規定

倫理規定前文より

本規定は、日本音楽知覚認知学会(以下、本学会)の会員が研究を行うにあたって、基準とすべき倫理を定めたものである。本学会員は、研究の実施にあたって、以下の条件を遵守しなければならない。なお、この規定は本学会による規定であり、各研究機関・施設における個々の研究を束縛するものではないが、本学会での学術発表および機関紙に投稿される研究は、本規定に則ったものであることが要求される。

こちらから最新の倫理規定(PDFファイル)がダウンロードできます
▼ 日本音楽知覚認知学会倫理規定(PDFファイル)

 

投稿先

「音楽知覚認知研究」 編集事務局 JMPC Editorial Office ・論文投稿 ・その他編集事務全般 〒265-8501 千葉市若葉区御成台4-1
東京情報大学 総合情報学科
西村明 気付
「音楽知覚認知研究」編集事務局
Phone&Fax : 043-236-4658
E-mail : jsmpc.editor(at)gmail.com
※[(at)をアットマークに換えてご連絡下さい]
Chief Editor Akira Nishimura
Tokyo University of Information Sciences
4-1, Onaridai, Wakaba-ku,
Chiba 265-8501, JAPAN
Phone&Fax: +81-43-236-4658
E-mail : jsmpc.editor(at)gmail.com