本学会のご紹介

 日本音楽知覚認知学会は音楽学、心理学、音響学、情報科学、音楽教育学、医学・生理学、およびそれらの学際領域の研究者間の連携共同によって、音楽の知覚・認知に関する進歩を図ることを目的とする学術団体です。
 本学会への入会を希望する方は、下記の項目について入会申込先(学会事務局)まで電子メールでお知らせください。
 詳細は、下記のページをご覧ください。
▼ 学会紹介および入会案内のページへ

会長からの挨拶

  音楽は万人に与えられたものであり、嬉しいときにも、落ちこんだときにも、ちょっと退屈なときにも、昔からの友人のように人生を豊かにしてくれます。人間に対して興味を持つならば、人間についての実証的な研究を行いたいと思うことは極めて自然なことであり、その研究の内容に音楽が含まれることもまた自然な流れでしょう。このようなわけで、さまざまな分野において教育を受け、経験を積んだ方々が、本学会に集まっていらっしゃるものと考えます。本学会は、限られた小さな分野を扱っているように見えるかもしれませんが、研究者、学生、音楽関係者、科学愛好家の交流の場として外にはない貴重なものです。会員諸賢には、互いに励ましあい、情報交換、討論、共同研究などを通じて、世界に対して日本の存在感を示すささやかな場の一つでもある本学会を、ぜひご活用いただきたいと存じます。また、真剣勝負の研究を通じての協力の精神を涵養し、人を育てることによって自らも育つという場を実現してくださることを切望いたします。

日本音楽知覚認知学会会長 中島祥好

 

コメントは受け付けていません。