平成28年度春季研究発表会

日本音楽知覚認知学会平成28年度春季研究発表会を下記の要領で開催致します。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

【開催月日】 2016年5月14日(土)・15日(日)

【会 場】  九州大学 大橋キャンパス 多次元デザイン実験棟
      〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
      (西鉄天神大牟田線 大橋駅 徒歩5分)
       http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/access

【世 話 役】 中島 祥好 先生(九州大学)

【参 加 費】 会員(一般)4,000円, 会員(学生)1,000円
      非会員(一般)5,000円,非会員(学生)2,000円
       追加資料代 2,500円

【懇 親 会】 5月14日(土)18:50~ 会場内にて開催(立食形式)
       会費 一般:4,000円、学生:2,000円
       飲み物の持ち込みを歓迎します.

【プログラム】
———————————————
5月14日(土)

13:00 開会挨拶

◆セッション1

13:05 音楽科教育の生理的・心理的効果の研究 -音楽科の存在価を求めて-
◎服部安里(奈良教育大学・教育学部),豊島久美子(大阪樟蔭女子大学・児童学部),福井 一(奈良教育大学・教育学部)

13:30 ヴァイオリン演奏における左手指の押弦力と筋活動
◎小幡哲史(電気通信大学),木下 博(大阪大学)

13:55 ピアノ初見視奏の演奏時における楽譜上の視線移動
小林佳子(兵庫教育大学大学院連合学校(岡山大学所属)),小川容子(岡山大学大学院・教育学研究科)

14:20 楽器演奏訓練が高齢者の認知機能に与える効果について
和田玲子(熊本大学大学院・社会文化科学研究科/広島文化学園大学・学芸学部音楽学科),久永聡子,郭 霞,木村博子,鈴木麻希,川越敏和,積山 薫(熊本大学・文学部)

休憩(10分)

◆セッション2

14:55 楽音と単純な複合音に対する聴覚的協和感の検討
◎山本由紀子(飯田女子短期大学・幼児教育学科),大西仁,仁科エミ(放送大学・教養学部)

15:20 調性スキーマの文化差:日本人,中国人,ベトナム人,インドネシア人,北米人の比較
松永理恵(静岡理工科大学総合情報学部),安田利典(早稲田大学大学院教育学研究科),Michelle Johnson-Motoyama(University of Kansas, School of Social Welfare),杉野佑太(北海道大学大学院文学研究科),竹下悠哉(北海道大学大学院保健科学院),ハルトノピトヨ(中京大学工学部),横澤宏一(北海道大学大学院保健科学院),阿部純一(北海道大学名誉教授)

15:45 好きな音楽聴取は利他性を増す:パイロットスタディ
豊島久美子(大阪樟蔭女子大学・児童学部),高岸治人(玉川大学・脳科学研究所),高須 一(玉川大学・芸術学部),森下修次(新潟大学・教育科学系),小川容子(岡山大学大学院・教育学研究科),服部安里(奈良教育大学・教育学部),中村文彦,藤井貴之(玉川大学・脳科学研究所),仁科国之(玉川大学・脳科学研究科),福井 一(奈良教育大学・教育学部)

休憩(10分)

16:20 総会・表彰式

◆ポスターセッション
(16:50~ 主旨説明・ポスター口頭紹介
 17:10~ ポスター発表 前半[発表番号が偶数]
 17:55~ ポスター発表 後半[発表番号が奇数] )

P1 連続音列中に配したリズム逸脱知覚の性別・音楽経験による差異
竹下悠哉(北海道大学大学院保健科学院),横澤宏一(北海道大学大学院保健科学研究院)

P2 オクターブの物理的伸張が音階の知覚に及ぼす影響
銭花亮祐,中島祥好(九州大学・芸術工学府)

P3 演奏しやすさを考慮したアンサンブルのためのバッキング編曲手法の基礎的検討
名原紫織,安井希子(松江工業高等専門学校),三浦雅展(龍谷大学)

P4 ハイレゾ音源の量子化精度による聴取可能性 ~Waterman法による検討~
勝呂明央,三浦雅展(龍谷大学)

P5 ピアノ音の長さの知覚
蓮尾絵美(東京電機大学・情報環境学部),中島祥好(九州大学大学院・芸術工学研究院/応用知覚科学研究センター)

P6 音楽再生音の印象と再生系の周波数特性の関係
中西達彦,岩宮眞一郎(九州大学)

P7 ピアノを所有する家庭の社会経済的特徴
生駒 忍(川村学園女子大学)・若林真衣子(東北文化学園大学)

18:50 懇親会

———————————————
5月15日(日)

◆セッション3

9:30 音の立ち上がり時間と余韻の長さが包まれ感に与える影響
亀川 徹,丸井淳史(東京藝術大学音楽学部)

9:55 ドラムパターンにおけるグルーヴを喚起する最適なテンポ
◎惠谷隆英(東京藝術大学大学院・音楽研究科),河瀬 諭(相愛大学),丸井淳史(東京藝術大学・音楽学部)

10:20 若い芸術家たちの日常的音楽聴取とパーソナリティ:音大生と美大生の比較
星野悦子(上野学園大学・音楽学部)

10:45 自分のためのテーマソングについての探索的研究
◎寺田知世,三雲真理子(梅花女子大学大学院現代人間学研究科)

休憩(10分)

セッション4

11:20 脳波バンド”MUSE”による心理計測の可能性について
長嶋洋一(静岡文化芸術大学大学院・デザイン研究科)

11:45 音楽演奏システムのユーザインタフェースに関する基礎研究
出口幸子(近畿大学・工学部)

12:10 映像作品における台詞終わりに付加する音楽の最適付加時点 -リアクション表情の影響-
稲田 環(九州大学大学院・芸術工学府),林 祥子(NHKメディアテクノロジー),岩宮眞一郎(九州大学大学院・芸術工学研究院)

12:35 閉会挨拶

◎は,日本音楽知覚認知学会研究選奨選考対象者を示しています.

なお,研究発表会終了後,13:30~15:00に,大橋キャンパスめぐりを開催いたします.
下記のような内容を予定しております.合わせてご参加ください.

・無響室
・音場再現のデモ
・聴能形成のデモ
・音声研究の解説
・脳波測定装置の紹介

【お問い合わせ:研究会幹事】
生駒 忍(川村学園女子大学)psycho(at)sikoma.com
松永 理恵(静岡理工科大学)matsunaga(at)cs.sist.ac.jp

※[(at)をアットマークに換えてご連絡下さい]